感染しない、させないために、互いに感染防止を強く意識しましょう!

〔講師及びスタッフ〕
〇 出勤前に検温をして平熱であることを確認の上、マスクの着用、入館時の手指の消毒を入念に行い勤務につきます。
〇 授業前に、机・椅子などをはじめ、館内のドアや取手、手すりなどの手の触れる部分はすべて消毒をしております。
〇 机の生徒間距離は、すべての教室で140cm以上が保たれていることを確認しております。
〇 教室等のこまめな換気を心がけるとともに、空調管理に努めています。
〇 プリント類の受け渡しや近接説明をできるだけ少なくしております。

〔塾生〕
〇 通塾の際は、家を出る前に検温を行い、発熱、頭痛、咳等の風邪の症状が見られるときは、通塾を控える。
〇 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合、または味覚がない場合など、思わしくない体調の場合には、通塾を控える。
◎ もしも自身や家族が感染者になった場合、または濃厚接触者および自宅待機者になった場合は、速やかにその旨を塾に報告をする。たとえ2週間の経過観察後であっても通塾は避ける。通塾開始の際は医師の許可をとってください。
〇 入館と同時に玄関に備えてある消毒液で手指の消毒し、マスクを着用する。
〇 静かに着席した後、生徒間の会話を控える。休憩時間中も生徒間の会話を控え、読書をしたりして静かに休憩をとる。
  また、トイレを使用する時には石鹸による手洗いをする。
〇 送迎時には、塾前での生徒間の会話をせずに速やかに帰宅する。
〇 常日頃から、特に飛沫感染に注意して、手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染症対策を周知徹底してください。
〇 免疫力を高めるため、十分な睡眠、適度な運動やバランスのとれた食事を心がけるようにしてください。
〇 筆記用具の貸し借りを避けるため、辞書、三角定規、コンパスなどは持参してください。